Top >  審美歯科へ行こう >  ワイヤー矯正の治療期間

スポンサードリンク

ワイヤー矯正の治療期間

歯列矯正をワイヤー矯正で行なうと、どの程度治療期間が必要なのでしょうか。

ワイヤー矯正では、始めに術前検査を行います。これは事前に歯の状態を調べるためです。
虫歯の有無、歯周病の治療、抜歯などの検査を行います。
この事前検査で虫歯や歯周病があると、矯正治療の前に治療を終わらせなければなりません。

ワイヤー矯正でも、場合によっては何本か歯を抜くこともあります。
特に親知らずがある場合は、ほぼ抜いていくことになります。
矯正にかかる期間は患者さんの状態により大きく異なります。
一般的には約2~3年程ですが、短く済む場合もあり、これは歯を抜かずに済むような状態です。比較的簡単に矯正できる場合は約6ヶ月~1年程度で終わるケースもあります。
逆に歯の状態が複雑など矯正が難しいケースなどでは、3年以上もかかる場合もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ワイヤー矯正はいや?  |  トップページ  |  次の記事 ワイヤー矯正にかかる費用・料金(治療費)  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。