Top >  審美歯科へ行こう >  ワイヤー矯正はいや?

スポンサードリンク

ワイヤー矯正はいや?

審美歯科でのワイヤー矯正は、昔から行われている歯列矯正の治療法の中でも最もスタンダードな矯正法です。
一般的に歯列矯正の治療法と言えばワイヤー矯正になります。
しかし、ワイヤー矯正はどうしてもブラケットを常時歯に付けておかなければなりません。これは、見た目があまり良くないのです。
最近は、ブラケットには、金属製ではない、装着していてもあまり目立たない透明のプラスチック製や、セラミック製などで作られたものも使われはじめています。

矯正治療中に、クリアーブラケット、セラミックブラケットなど、金属ではないブラケットを使用する方法を選ばれる方も多くなってきています。
金属を、透明のプラスチックや白いセラミックにするだけでも、かなり目立ちにくくなります。
どうしてもあの金属の装置をつけたくないという方は、カウンセリングをされる際に、審美歯科医に相談されてみてください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科の歯列矯正の種類  |  トップページ  |  次の記事 ワイヤー矯正の治療期間  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。