Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科で行われる治療方法

スポンサードリンク

審美歯科で行われる治療方法

審美歯科で行われる治療法としては、インプラントの他にも歯列矯正治療(部分矯正)や、セラミック治療など何種類かの治療方法があります。

審美歯科では、歯列矯正治療が治療法の代表格です。
近頃は以前と違い、審美歯科での歯列矯正の方法にかなりの進歩が見られます。
治療中のワイヤーが目立たなくなる…といった改善もされています。
たとえば、歯列矯正の治療中であっても、笑うと金具が見えるな小戸ということは無く、治療に使う金具部分をセラミック素材や樹脂にするといった工夫がされています。

審美歯科でのセラミック治療では、最近はセラミックの差し歯治療をすることが可能になってきました。
これは、以前よく使われていたメタルセラミックが金属アレルギーなどを引き起こす原因になったり、長期使用で歯茎の色が黒くなったりといったデメリットがありました。
今は素材が、オールセラミックへ変わっています。オールセラミックは美しくや耐久性が高い素材ですので安心して治療が受けられるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科と歯科医の治療  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科で行われるインプラント治療1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。