Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科でのインプラント治療方法と治療期間2

スポンサードリンク

審美歯科でのインプラント治療方法と治療期間2

審美歯科でのインプラント治療を行なう前に、入念な打ち合わせと診察を行ないます。
それらが終わった後に、インプラントの埋め込み手術を行っていきます。

インプラントの埋め込みにかかる時間としては、
およそ1~3本で15~30分位となっております。痛みのほうは心配なく
通常の抜歯の時のような麻酔をインプラントの埋め込みの時にも
かけて行われますので手術中の痛みはまったくないと言っていいでしょう。

一般的に2~3ケ月ほどで埋め込んだインプラントは周りのアゴの骨としっかりとついてくれます。
個人差や治療の状況によっても違いが出てくるため骨の柔らかい人の場合はなどは4~6ケ月ほど掛かる場合もあります。
その後インプラントに装着する人口の歯を作ったのち装着して治療終了となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科でのインプラント治療方法と治療期間1  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科でインプラントした場合の治療費  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。