Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科での歯列矯正は何歳ぐらいから?2

スポンサードリンク

審美歯科での歯列矯正は何歳ぐらいから?2

歯列矯正を子供に施すために適正な時期は、0歳から6歳、6歳から12歳ごろ、12歳以降と三段階に分けられるといわれています。
これを聞くと、歯列矯正は子供のうちにするもので、大人になったら難しいの?と思われた方もいるでしょう。
審美歯科での歯列矯正は矯正装置を使用して治療をおこなっています。
これは、歯やアゴの骨に力をかけていき少しずつゆっくりと歯を移動させていき、
歯ならびと噛み合わせを治していく治療法となります。
そのため、大人になってからでも歯列矯正で歯並びをきれいに美しく整えるということは、審美歯科が行う治療法で十分に可能とされています。

健康で美しい歯というのは、できれば子供のうちから目指していきたいところです。
しかし、大人になってからでもまったく遅くはありません。きれいな歯並びに直すというのは、大人であっても審美歯科での治療で可能なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科での歯列矯正は何歳ぐらいから?1  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科の歯列矯正と部分矯正1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。