Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科でのホワイトニング治療1

スポンサードリンク

審美歯科でのホワイトニング治療1

審美歯科(しんびしか)でのホワイトニングというのは、まっ白い歯にブリーチング(歯の脱色)する事だと思われている方が多いようです。
しかし、審美歯科でのホワイトニングというのは少々意味が違っており、もっと広い意味で使われています。

審美歯科でのホワイトニング治療の種類には、歯質自体を着色する方法や、着色そのもの自体を除去する治療法などがあります。
具体的には、審美歯科でのホワイトニングの治療法は、どのようなものなのでしょうか。

まず、歯の着色の原因となるものはどのようなものでしょう?
一般的な家庭でのブラッシングではなかなか取ることのできない歯の色素沈着には原因があります。それは、コーヒーや紅茶また緑茶などの色素を含む食べ物や飲み物などです。
他にも喫煙などによるタバコのヤニなどの汚れも、歯の表面にステインと呼ばれる汚れやしみを作ってしまいます。
これらを取り去るのが、審美歯科でのホワイトニング治療となるのです。


スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科医院と普通の歯科医院との違い2  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科でのホワイトニング治療2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。