Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科で行われるインプラント治療1

スポンサードリンク

審美歯科で行われるインプラント治療1

審美歯科と並んで、よく使われるインプラントという言葉の意味をご存知でしょうか?
インプラントの言葉の意味は「埋め込み」なのです。
審美歯科でのインプラント治療とは、最初に顎骨に人工の歯根を埋め込むところから行われます。その後に人工の歯根上にさし歯を被せるといった治療法です。

インプラントは人口の歯根を骨に埋め込んで作るため、インプラントの治療後は自分の歯のような使用感を得られます。そのため、食事が美味しく感じることができるようになるといわれています。

人の噛む力は非常に強く、そのため噛む力のバランスが崩れたりすると、体の様々な部分で変調をきたしたり、不具合が起こったりするといわれています。
失ってしまった歯をインプラントにし再建すると、噛む力を取り戻すことが出来るようになります。そのため、残ったあなたの歯との噛み合わせも改善され、余計な圧力がかからず、体の不具合も快方へ向かうといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科で行われる治療方法  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科で行われるインプラント治療2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。