Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科の歯列矯正と部分矯正1

スポンサードリンク

審美歯科の歯列矯正と部分矯正1

審美歯科(しんびしか)で行う、部分矯正とはどのようなものでしょうか?
まず審美歯科の部分矯正といえば、治療される歯は2~3本だけになります。
部分矯正治療をされる中で、一番多いパターンとしては前歯の2~3本だけが気になるとので、そこのみ治療するというものです。
そのほかに多いものとしては、上顎前突(出っ歯)・空隙歯列(すきっ歯)・反対咬合(受け口)・叢生(八重歯)などを気にされる方が多いといわれています。

まず、審美歯科の部分矯正の治療にかかる時間についてですが、審美歯科の部分矯正の治療程度や内容によっても治療期間に差がありますが、多くの場合歯列矯正治療期間は1年以内に終了することが一般的な目安といわれています。大体、部分矯正の治療をはじめてから早くて6ヶ月ほどで、見た目はずっと良くなっていることでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 審美歯科での歯列矯正は何歳ぐらいから?2  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科の歯列矯正と部分矯正2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。