Top >  審美歯科へ行こう >  審美歯科と矯正歯科の違いとは?1

スポンサードリンク

審美歯科と矯正歯科の違いとは?1

審美歯科と矯正歯科っていったいどこが違うのでしょう?こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。ここでは審美歯科と一般の矯正歯科の違いについて簡単に説明してみましょう。

まず審美歯科(しんびしか)という歯科は、歯の見た目をきれい美しく見えるように治療するところです。
歯の表面をけずって、見た目でとてもきれいな歯をかぶせる治療をするというのが、多くの審美歯科の治療となっています。

では矯正歯科(きょうせいしか)という歯科医はどんな治療を行うのでしょうか。
矯正歯科での治療は、歯並びを変える(歯列矯正)ために、歯そのものを動かすという治療方法が基本となります。
そのため歯列矯正の際に、極端な場合には歯並びをきれいに見せるために邪魔となってくる歯があれば、それが健全な歯であっても抜く場合もでてきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯科医と審美歯科での歯列矯正とは?  |  トップページ  |  次の記事 審美歯科と矯正歯科の違いとは?2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。