Top >  歯について >  ブリッジの役目は?

スポンサードリンク

ブリッジの役目は?

インプラントや差し歯、入れ歯など歯の補修にはいくつかの方法がありますが、ブリッジとはどのようなものでしょうか?
ブリッジは歯根も含めて歯の抜けている部分に歯を入れるため、まず両隣の歯を削って両側の歯に連結した被せものを入れます。それと同時にその間にある欠損した歯を、人工の歯を連結して補おうとする治療方法です。
ブリッジのメリット、デメリットを簡単に説明すると…
ブリッジをした場合は、噛む力が弱くなってしまうといわれています。他にも、発音や滑舌にも影響があるとも言われています。また、補おうとする歯の両サイドにある問題のないの歯をけずるというデメリットがあります。しかし、費用はそれほど高くはありません。
ただし、年齢が若い方であれば、長く付き合う歯ですから、ブリッジよりは丈夫なインプラントがお勧めです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 インプラントと差し歯の違い  |  トップページ  |  次の記事 歯科医とインプラント  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。