Top >  歯について >  歯の磨き方=ブラッシング指導を受ける

スポンサードリンク

歯の磨き方=ブラッシング指導を受ける

歯磨きの時に、ひょっとして歯をいためる磨き方(ブラッシング)をしていませんか?
歯磨き剤のつけすぎ、歯磨きが強すぎると歯の象牙質を痛めることとなり、『くさび状欠損』になりかねません。
1.歯磨き剤を必要以上に使うのは問題です。
歯磨き剤は、必要以上に多く使うと研磨剤が入っているため、多く使うとかえって歯をいためてしまいます。1回の歯磨き剤使用量は、小指の先くらいの量がベストです。
2.横磨きを力をいれてする
横磨きを力をいれてするのは、歯と歯肉を痛めてしまいます。ハブラシの毛先が使って1週間もしないうちに、すぐに開いてしまう人は、ブラッシング際力の入れすぎと思われます。
歯科医院で頼めば一人一人、お口の中の状態の違いを見たうえで、歯科医師や歯科衛生士が正しい歯磨き(ブラッシング)の方法を指導してくれるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 家族みんなで歯を守ろう! 3  |  トップページ  |  次の記事 入れ歯のケアは 1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。