Top >  歯について >  歯と運動機能

スポンサードリンク

歯と運動機能

歯の噛みあわせと運動能力に関係があるのは、スポーツ選手だけのことではないのです。
育ち盛りの中学生を調査では、瞬発力、筋力、持久力ともすぐれている人は、歯並びがキレイで、噛みしめたときに上下の歯が接触する面積が大きいという結果が出ています。

人間がいくつになっても必要な能力としては、運動機能を最大限に発揮出来るということがあります。
歯がしっかりしている高齢者で、寝たきりの人はいないとも言われています
噛みあわせを整える場合、また噛む力を鍛えるとすれば、日頃から良く噛んで、あごを強くする習慣を付けることが必要だとされています。
小さい時から、歯を正常な状態に保っておくと、ずっと健康でしっかり暮らせるのです。
またそのまま噛む力を長年保つことができれば、お年寄りになっても体全体が健康で豊かに暮らせるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯とスポーツ医学  |  トップページ  |  次の記事 早食いは太るのか?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。