Top >  歯医者へ行くとき >  とても重要なフッ素の話

スポンサードリンク

とても重要なフッ素の話

フッ素は、歯磨き剤に含まれていますが、虫歯の発生と進行を防いでくれる効果があります。これは、虫歯の原因となる酸の生成を抑える働きがあるためです。
『歯にフッ素を塗ってもらう』『フッ素入り歯磨き剤を使う』『フッ素でうがいをする』などの方法で、虫歯予防を施します。
フッ素は虫歯を少なくし、歯を強くしてくれます。そのため、特に成長期の子供にはフッ素は効果的です。
乳歯が生えてき始めた1歳前頃から、歯科医院で半年に1回程度、フッ素を塗布していくと効果的です。
1歳からずっとフッ素を塗っていた子と、塗ったことが無い子では、虫歯の出現率が3歳になった時に大きく違うのです。
また、フッ素は自宅で使用することもできます。しかし使い方は、子供の年齢によって変わりますので、かかりつけの歯科医院に相談し、指導を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠と歯科  |  トップページ  |  次の記事 歯が痛い理由  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。