Top >  歯医者へ行くとき >  口臭の原因になるのは?

スポンサードリンク

口臭の原因になるのは?

口臭は、だれでもある程度はあるものです。、しかし、飲食物や嗜好品による場合であったり、口の病気による場合、果ては思い込みによる自臭症という場合もあります。ほかにも内科系の重疾患が原因である口臭もありますが、多くは口の中の病気によるものです。
口の中には、基本的にたくさんの細菌があり、食べかすや血液成分、粘膜にあるたんぱく質成分を腐敗させることで、臭いのもとを作り出しています。
また、耳鼻科の病気で口でしか呼吸を出来ない状態や、口の中に炎症があったりした場合、口の中が乾燥し唾液の循環が滞り、口臭が強くなります。このような口臭を直すには歯科を受診して、原因を特定することが大切です。
日常的行うケアとしては歯磨きのブラッシングを手を抜かず歯垢を取り除き、口の中をいつもキレイに保つようにしましょう。
しかし、神経質になることはありません、毎食後の歯磨きなど基本的なケアが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯が痛い理由  |  トップページ  |  次の記事 歯ぎしりのこと 1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。