Top >  歯医者へ行くとき >  歯周病は恐ろしい

スポンサードリンク

歯周病は恐ろしい

歯周病は、歯磨きから血が出ることで疑われます。
歯周病の原因は、歯垢と、歯垢が石灰化した歯石です。歯周ポケットにたまって歯肉を刺激するのが歯石で、しかも炎症が進むと歯を支えている歯槽骨も破壊します。
このため、歯肉が腫れたり、歯がグラグラするので、実際のところ確率だけで見たら、虫歯よりも歯を失う確率が高いとされています。
歯周病はこうした直接的な原因のほかに症状が悪化しやすい状態として、疲れやストレス、糖尿病などの全身疾患で免疫力が低下している場合にも悪化すると言われています。日頃の生活習慣のツケが、歯へのSOSとなって表れているといえます。
歯周病の疑わしい症状があったらまず歯科で検査を受けましょう。そして、歯垢や歯石を取り除きましょう。それでも良くならない場合は、麻酔をして歯肉を取り除くと言う方法もとれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 予防歯科の重要性  |  トップページ  |  次の記事 妊娠と歯科  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。