Top >  歯医者へ行くとき >  虫歯・歯周病を放置しておくとどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

虫歯・歯周病を放置しておくとどうなるのでしょうか?

虫歯や歯周病を放置しておくと、大変な病気になるといわれていますが、実際には、そのような病気になるのでしょうか?
まず、歯周病菌がつくる毒素や炎症を引き起こす物質は、歯周病の病巣から血液中に入り、全身に影響を及ぼす可能性があるといわれています。
実際これまでにも、口の中の慢性的な炎症や歯周病菌と、糖尿病や心筋梗塞、肺炎、低体重児出産…などとの関連性が報告されているそうです。

他にも最近の研究として、歯周病は動脈硬化を悪化させるという研究報告があります。歯周病の炎症によって生じる物質が、動脈硬化を悪化させるというもので、医師の間でも少しずつ知れ渡ってきているようです。
また、歯周病や虫歯などの菌が心臓や血管内で繁殖する血管炎や感染性心内膜炎は場合によっては死に至る原因ともなるそうです。
色々な意見の中でも、死にいたることは少ないといわれているものがありますが、心内膜炎から死に至る危険性は多分に考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 抜けたさし歯はどこへ?  |  トップページ  |  次の記事 歯並びが悪い悩み  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。