Top >  歯医者へ行くとき >  歯が痛い理由

スポンサードリンク

歯が痛い理由

歯の痛いことで、一日中何も手につかず、仕事や勉強に集中できなかったという経験はありませんか?
歯の痛みのつらさは耐えがたいものです。それが、たった1本の歯であっても。。。
やはり、そんな思いをする前に、できたら早めの処置を心がけたいものです。
『歯が痛い』と感じた場合、考えられる原因は大きく分けて2つあります。
ひとつは虫歯が進んだことによって、神経や歯髄組織に炎症が起こって歯が痛むケース。この場合は、神経を根の先まで取り痛みを止める治療がされます。ただ、神経を取ったとしても傷の治り具合で、しばしば痛みを感じます。このような治療直後の痛みなら、たいていは数日で症状が消えますから、様子を見るようにしましょう。
二つ目は、以前歯の中の神経を取ったのに、痛みを感じてしまうケース。
この場合は、根の周りの組織が炎症を起こしていることがあります。
歯の痛みはつらいのですが、ある意味体を守る大切なサインともいえます。ともかく、早めに歯科医院で見てもらうことがよいでしょう。いずれにせよ早期発見ほど、治療は簡単に早く終わります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 とても重要なフッ素の話  |  トップページ  |  次の記事 口臭の原因になるのは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。