Top >  歯医者へ行くとき >  インプラントと差し歯の違い

スポンサードリンク

インプラントと差し歯の違い

インプラントと差し歯の違い何なんでしょうか。完全に抜け落ちてしまって歯根が無い歯の場合は、差し歯で対応することはできないのでしょうか?

まず、差し歯と称されているものは、歯の全体もしくは歯根が残っているものに支台を立てます。その後上に人工の歯をかぶせたものをさします。ですので、歯根がないものには差し歯を立てることができないのです。メリットしては、差し歯は健康保険が適応されます。
歯根がない部分だけに、歯を入れたいとした場合はインプラントを施すことで、歯を入れることが可能になります。
インプラントに方法としては、チタン製の人工の歯根を顎の骨の中に手術で埋め込み、人工の歯根を支台として上にかぶせます。他の歯を削ったりする必要がありません。しかし、健康保険が適応されないので治療費が高額になるという問題が残ります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 インプラントは高額?  |  トップページ  |  次の記事 ブリッジの役目は?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。