Top >  歯医者へ行くとき >  歯科の保険診療と自由診療の違い

スポンサードリンク

歯科の保険診療と自由診療の違い

歯科での治療は、どこまでなら保険が効く?と言う疑問はよくだされます。
歯科診療には、保険適用の範囲で受診者の負担が軽く済む『保険診療』と歯科医によって料金が変わる『自由診療』の二種類があります。

歯の状態や受診者の希望程度によって、保険診療になるか自由診療なるかは変わります。また、治療の方法や材料が異なる事もあり、まずはかかりつけの歯科に直接聞くことが一番でしょう。
ある程度の目安としては、歯の病気を治療すると言う目的の範囲内であれば『保険診療』。高い審美性・機能性・快適性を求めるなら『自由診療』扱いとなります。
美容外科では美しく見せるためにかかるので、保険診療が適用出来ないという理由は同じです。
病気を治すことと、美しく見せることは別物であると解釈が現在の保険制度では採用されています。このため、歯科医でも審美性を問われる治療の場合には、保険が適用される範囲は限界があるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 インプラントとは?  |  トップページ  |  次の記事 歯科に行く前の注意  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。