Top >  歯医者へ行くとき >  障害者と歯科

スポンサードリンク

障害者と歯科

昨今の世の中の情勢では、障害者への理解や社会的認識も高まってきています。
しかし、歯科診療を受けにくいという現状が多くの障害を持つ人にあるのです。
歯科医へ通うにしても、介護する人が付き合うのは大変ですから、ついつい足が遠のいてしまうというのが現実のようです。
障害者が歯科診療を受けるときには、歯科医とのコミュニケーションがとれるかどうか、長時間の治療中の緊張に耐えられるかどうか…などいくつかのポイントがあります。

そのため歯科医院では、じっくり時間をかけて診療室内の雰囲気に慣れてもらいながら、治療を進めます。スムーズな治療を行うためにも、障害者の不安を少しでも和らげる環境を作ることが大切です。
そのためには、介護する人も歯科への恐怖心や不安をあおらない配慮とともに、「すぐ終わるから」など安易になだめるような事をしない方が良いといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯科の訪問診療  |  トップページ  |  次の記事 障害者の口腔ケアは大切  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。