Top >  歯科と子供の歯 >  妊娠と歯科

スポンサードリンク

妊娠と歯科

妊娠中の女性は,歯の健康が損なわれる傾向が高いようです。特に昔から『女性が子供を一人生むと、歯を一本失う。』とも言われています。
よく言われる、間違った理由として『妊娠すると赤ちゃんにカルシウムを取られる』という説が流れています。
歯が弱くなりやすい理由としては、妊娠した場合、唾液が酸性に傾き、歯垢がたまりやすくなること、体温が高くなることで細菌が口中で増殖しやすくなること、そして、食事回数が増えても運動量は変わらず、歯磨きさえサボリ気味になることなどが原因とされています。
このように、赤ちゃんのために規則正しい生活を送るのと同時に、妊娠中の歯への影響も意識して心がけたいものです。
出来れば、歯の定期健診を妊娠を希望している段階から受け、口の中の疾患を完治した、その上で妊娠することをオススメします。
妊娠してからの通院が大変です。そのため歯科の治療は今のうちに。。。

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯周病は恐ろしい  |  トップページ  |  次の記事 とても重要なフッ素の話  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。