Top >  歯科と子供の歯 >  妊娠中の歯のケアは?

スポンサードリンク

妊娠中の歯のケアは?

つわりが辛い妊娠中の歯磨きは、やっぱりおっくうなものです。つわりの時期は、歯を磨く気にならない…って気持ちは中々わかってもらいにくいことです。
歯にとって悪い条件が重なってくるのが妊娠中です。そのため、歯が悪くなる原因は、『おなかの赤ちゃんにカルシウムをとられてしまう。』ためと思われています。
ところが、歯としてできあがっているカルシウムは、ほどんど代謝しないので、おなかの赤ちゃんの栄養になることはありません。
結局は妊娠中もキレイに歯を磨くことが大切なのです。妊娠中に歯が悪くなるのは、おなかの赤ちゃんのせいではありません。

お母さんに歯磨きの習慣があると、子供も歯を磨く習慣がつくようになります。子供は基本的にお母さんの真似をして成長していくのです。子供がよい習慣をまねできるように妊娠中から、歯を磨く習慣を身に付けていきましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 口腔衛生を教えるのは親の務め  |  トップページ  |  次の記事 インプラントは高額?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。