Top >  歯科と子供の歯 >  口腔衛生を教えるのは親の務め

スポンサードリンク

口腔衛生を教えるのは親の務め

歯科検診を幼い頃から半年に一度は受けいて、食後はすぐに歯を磨く習慣を長く守った。歯科医院でのブラッシング指導を出産前後も受けるなど、健康な歯を保ってきたお母さん。
そんなお母さんの子供には得よい影響がつたわるものです。
そんなお母さんは、歌とリズムに合わせてた歯磨きを1才に満たない頃から覚えさせ。普段から、牛乳や麦茶をジュースの代わりに与え、おやつには小魚やカンパンなど甘味の少ないものか、甘さを加減できるように手作りのお菓子をあたえるなど歯を守るための工夫をします。

また、赤ちゃんのうちはあごの骨が軟らかいため、寝かせ方にも工夫が必要です。
そのため、3歳ごろには虫歯は全く無く、固いものが好きになるなど歯に良い習慣が付いています。また、よく噛んでいるせいか、あごの成長が順調で著しくなります。

歯の健康は親から子へと受け継がれていくものだといいます。歯の健康を守って行く事は親の務めでもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 顎関節症の原因について  |  トップページ  |  次の記事 妊娠中の歯のケアは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。