Top >  歯科と子供の歯 >  不正咬合とは?

スポンサードリンク

不正咬合とは?

歯にとって最大の役割は、食べ物を噛むことになります。
良く食べ物を噛むことは、消化吸収を助け、唾液の分泌を活発にします。またそれだけでなく、歯肉やあごの骨を鍛え、脳の血液の循環を良くする効果もあり、老化を防ぐ、血圧を安定させる等など、非常に多くの効果があります。
もし、歯の乱れや悪い噛みあわせがあれば、この機能が正常に動かないのです。
不正咬合は、噛みあわせが正しくない状態をいい、虫歯や歯周病の原因にもなり、顔の印象が変わるなどのことが起きます。そればかりか、全身の機能低下まで誘引してしまいます。多くの場合は歯の矯正治療が必要なので、
歯科医院での相談がオススメです。そして、多くの場合は歯の矯正治療が必要となります。
また、3歳くらいまでに『指しゃぶり』『爪やタオルを噛む』『口呼吸をする』『食べ物をあまり噛まない』などのくせは治す方がよいとされています。これらは歯並びに大きな影響を与えるためです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 妊娠と歯科診療  |  トップページ  |  次の記事 顎関節症  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。