Top >  歯科と子供の歯 >  妊娠と歯科診療

スポンサードリンク

妊娠と歯科診療

赤ちゃんを歯の強い子に育てるにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか?
まず、妊娠中の女性が心掛けることとしては、たんぱく質、カルシウムやリン、ビタミン類などを摂ることが上げられます。妊娠中の女性は、これらを積極的に取り入れたいものですね。
また『歯医者で撮る歯のレントゲン写真や薬が赤ちゃんに影響しないだろうか』という疑問を、妊娠中のお母さんがもたれる場合があるのですが、基本的に大きな心配はありません。
歯のレントゲンに使われる放射線は、口の部分だけであり極微量なものですので、子宮内の赤ちゃんには無害であると考えられています。また、その他のほとんどの薬や麻酔薬の使用も安心してよいでしょう。もっとも、妊娠の可能性があるのであれば、治療中の場合医師にはすぐに伝えましょう。妊娠中でも適切な治療を受けて、母子ともに元気な歯を育てましょう!

スポンサードリンク

 <  前の記事 歯が抜けたら  |  トップページ  |  次の記事 不正咬合とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。