Top >  歯科と子供の歯 >  歯周病予備軍は低年齢化している

スポンサードリンク

歯周病予備軍は低年齢化している

歯周病になる人が増えているそうです。歯周病、または歯周病予備軍と言われているのは、30歳を超えた約80%もの人たちです。
現代は、歯周病予備軍は小学校低学年にまでいるといわれています。どのような症状が出るのが歯周病予備軍なのでしょうか?
まず、歯を磨くと血が出る人。朝起きた時に、口の中が粘っこいと感じる人。
このような症状が認められると、歯周病予備軍と言えるでしょう。小学校低学年のような世代の子供たちが、歯周病の予備軍になってしまう原因としては、『食べ物の欧米化』があげられます。良く噛んで食べないでも飲み込めてしまうような、とてもやわらかい食べ物が、歯周病の大きな要因なのです。
歯周病を防ぐには、まずブラッシングが基本です。まだ、小さなお子さんには親が仕上げ磨きをしてあげることでブラッシングがより完全になります。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 親が守るべき子供の歯  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「歯科へいこう!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。